« 真夏の雪だるま大作戦 | トップページ | 神軍師への道 »

2012年8月 8日 (水)

リサイタル&聖剣士

今年のポケモン映画、観に行ってきました!

感想はおいおい書いていこうと思います。っていうか、昨年の分の感想をまだ書いてなかった……(大汗

昨年の映画については……今すぐに書ける感想だと「ビクティニが可愛かった」「マカロンが美味しそうだった」「間違い探しみたいで楽しくはあったが、シナリオ自体は同じなので、特にデュアル作品にする意義を感じなかった」としか……。

時間に余裕ないような羽目になるのはやめようと昨年あたりから思っているのに、どうも準備に手間取って、開演ギリギリに映画館にたどり着く自分……まぁ間に合ったから良かったのですが。

今回久々に前情報ほぼなしで行ったんですが、前情報ない方が集中して映画を観れるからいい気がしました。

映画館では映画関連のポケモングッズ売っていますが、それよりも映画の中に登場するポケモングッズが欲しいといつも思う(何。

感想は続きにしまっておきました!

キラキラリサイタルについて。

久々の同時上映短編イェーイ!! 可愛い世界観でほのぼのします。
メロエッタは緑髪の歌姫フォルム(と、ボイスフォルムのことを勝手にそう呼んでいる)の方が個人的には好きです。
メロディツリーとメロディベリーの仕組みというか生態が気になるんですが、そこは深く触れずに物語が進行してしまうので物足りなさがありました。
メロディベリーが散らばってしまった理由はニャース(砂嵐を起こしたイワパレスも、直接の原因だよね……)にあるわけだけど、だからといって彼らが糾弾されることもなく、観客のポケモンたちがそれぞれの意志でメロディベリーを探しに行くのが、平和でポケモン世界らしいなぁと思います。メロディベリーを探しに行く面々にイワパレスがいないのが、ちょっと引っかかるけど……。イワパレスは体が大きくて画面に入れるのが難しいからなのでしょうか……。
ピカチュウの体を張ったジェスチャー可愛い。
それにしてもフワライドがすごくマイペースで噴いてしまった。普通、あんなにぶらさがられたら、怒るかあたふたするかしそうなのに(笑

最後はめでたしめでたし。よかったよかった。しかし「みてみて☆こっちっち」を踊っているのがメロエッタだけなのが惜しい。どうせなら背景で流れているポケモンたちも踊ってたらよかったのになー。

聖剣士について。

わかりやすい話。劇場版にしてはスケールが小さめな気がしますが、ケルディオの成長物語を丁寧に描いていたと思います。主題歌の部分、列車の中ではしゃぐポケモンたちが可愛かった。駅弁ソムリエ……って、デントの自称○○ソムリエはもう笑うしかない。www
聖剣士はかっこよかったー山ちゃんコバルオンかっこよすぎた。ビリジオンは女性的な感じで格好よさと共に優美さを感じました。テラキオンも性格が素敵すぎる^^
キュレムは……あれは、面接官みたいなものなんだろうか。
アイリスが乗った飛行船がキュレムに凍らされて落ちていく場面で「えっ!?」と思ったけど、後の場面で普通にデントと合流しててもっと「ええっ!?;」と思いました(笑)何だったんだあれは……。凍らされたけど、致命的ではなくて、落ちていく途中で溶けて持ち直したってことなんですかね……? よくわからん
サトシは今回は超人ではなかったですね! すごいポケモンに出会った普通の人間って感じでした。デントとアイリスも、前回と比べると今回は見せ場がきちんとあった感じで、よかったなぁと。

個人的に印象に残った場面は、ケルディオがキュレムに負けた時の恐怖を思い出して炭鉱に向かう途中で足が止まってしまった時、サトシがそのことについては特に何も言わずに「じゃあ俺たちが行くぜ」ってピカチュウと共に聖剣士の元へ先に行くところ。その前の場面ではあえて厳しいことを言ってケルディオに発破をかけていたけれど、ここまできたら後はケルディオを信じて何も言わない、というところにサトシの他者への信頼感を感じました。

(今回は)超人ではないけれど
やっぱり、サトシって主人公なんだなぁ

そんな風に思った!思いました!

読んでくれてありがとうございました!

|

« 真夏の雪だるま大作戦 | トップページ | 神軍師への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の雪だるま大作戦 | トップページ | 神軍師への道 »