« ポケモン擬人化注意 | トップページ | Happy birthday dear I »

2014年6月28日 (土)

【アニメXY感想】近く遠く

XYで、既に「懐き度」があるのに、「仲良し度」と「絆」という概念が新たに生まれてしまったのが、ややこしいことになっちゃったという印象がぼんやりありました。メガシンカするには絆が必要ってのは言わない方がよかったのかもねーと今思ったり。

思い切って「戦闘の才」があるとかにしたほうがよかったのでは……?

というのも、プレイしているときは疑問視せずに楽しくやってたんですが、ゲームのコルニのルカリオが、コルニよりも主人公を気に入って、その手持ちポケモンになりたがる……という展開が、どうも主人公至上主義すぎて、それはマズかったんじゃないかなーと改めて思う訳です。

他に描きようなかったのかなー。今更だけれども!

さて、アニメの感想です。

「メガルカリオ対メガルカリオ!波導の嵐!!」

暴走したルカリオ怖かったですね……。ポケモンが暴走する話はこれが初めてではないですが描き方がとても恐ろしさを強調してましたね。

一緒にいるから、仲がいいからそれ以上強くなれないとはまた難しい課題を……。明確な目標があればこそ、またメガシンカするのがルカリオだからこその問題があるというのは展開が上手だなと思います。

エンディングのキャスト紹介で、コンコンブルさんのルカリオの声優が浪川さんだったことにテンション上がってました。

「呼び合う心!波導のむこうへ!!」

コルニが会ったことあるメガデンリュウのトレーナーって、もしかしてリモーネさんだったりしないだろうか……深読みしすぎかな(笑。

ムサシが閃いたと言った後に、まだ内容話してないのに適当に話を合わせてるコジロウとニャースに噴いた。

この話で、少しだけ前進できたルカリオとコルニでしたがまだ先は遠そうですね。次回が楽しみです!

いつもありがとうございます。

|

« ポケモン擬人化注意 | トップページ | Happy birthday dear I »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモン擬人化注意 | トップページ | Happy birthday dear I »