« 【刀剣乱舞】新年会に行かなかった話【鶯丸夢】 | トップページ | 【刀剣乱舞】鶯丸さんのおみくじボイス1【雑記】 »

2020年1月 6日 (月)

【刀剣乱舞】審神者になれる人※拙宅とうらぶ世界観について【雑記】

拙宅は誰でも審神者になれる世界観だから(というかその辺りは現実世界のとうらぶの設定を踏襲している)うぐさにの審神者は平凡な人間です。
歌うことと絵を描くことと物語を空想することが好きで、美味しいものや甘いお菓子を食べることが好きで、争いごとは嫌いな普通の女性。

ちなみにむつさにの審神者は世界観違ってて、そっちだと審神者になれるのは素質がある人間だけなんですよね。

どうせならいろんな設定で書いてみたいなーって思ってこうなってるんですけど、傍から見るとまごつきそうだな……。で、それはそれとして、うちよそとかだと普通に同じ世界で審神者やってるっていう(さらにややこしい)。
まあよその世界観なんてそんなに興味もないだろうしいいんですよ
とうらぶは細かい設定詰めてないオープンワールド的なところが良いと思ってるので……。

|

« 【刀剣乱舞】新年会に行かなかった話【鶯丸夢】 | トップページ | 【刀剣乱舞】鶯丸さんのおみくじボイス1【雑記】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【刀剣乱舞】新年会に行かなかった話【鶯丸夢】 | トップページ | 【刀剣乱舞】鶯丸さんのおみくじボイス1【雑記】 »