« 【刀剣乱舞】新たなる江【雑記】 | トップページ | 【刀剣乱舞】駆け込み修行2【プレイメモ】 »

2021年2月 7日 (日)

【刀剣乱舞】刀剣男士を形作る核【プレイメモと雑記】

和泉守兼定からのお手紙(3通目)読んだ。ネタバレ読んだ時も思ってたけど、いずみんの手紙内容って結構刀剣男士の存在についての基本設定に触れてるんだな~。特に
「オレたちは、持ち主の思い、モノに寄せられる思いで形作られる。」
「修行の目的は、何が自分を形作る核なのかを自覚することなんだろう。」ってあたり。
つまり刀剣男士=刀そのものの精霊ってわけじゃなく、刀にまつわる逸話・物語の化身っていうね。

刀剣男士の修行の目的は、何が自分を形作る核なのかを自覚すること、か……。

鶯丸さんを形作る核、ってなんだろうな……。

私の中では、鶯丸さんは世間一般で思われているよりも審神者のことを好きでいてくれてる刀剣男士で……。そして仲間思いで本丸思いなんだけど……。でもそれが全部私の思い込みで妄想なんですよ~って極を通して示されちゃったら、私はとうらぶを辞めるしかないんじゃないかな……。って、最近はそんなことばかり考えてるよ。

今、修行に行ってるのはいずみんなのに、ダメだなぁ……。

|

« 【刀剣乱舞】新たなる江【雑記】 | トップページ | 【刀剣乱舞】駆け込み修行2【プレイメモ】 »

刀剣乱舞(雑記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【刀剣乱舞】新たなる江【雑記】 | トップページ | 【刀剣乱舞】駆け込み修行2【プレイメモ】 »